御朱印

御朱印(納経)とは

本来、心願の成就を祈り書き写した経文(般若心経・観音経等)をご本尊様の宝前にお納めし、

その祈願をこめた印として頂いたものをご朱印と申します。
現在は神社仏閣への参拝の証として、ご朱印を頂く場合が多いようです。

この印は、ご本尊様のご分身に当る宝印であって単なる記念スタンプではありませんので、

ご朱印は大切に護持なさいまして、ご本尊様の益々ご利益に浴せられますよう心よりお祈り申し上げ、

またのご参拝をお待ち申しあげます。

朱印料 400円(納経料を含む)

 

御朱印

豊島八十八ヶ所霊場 37番札所

岩淵不動尊

本尊 薬師瑠璃光如来

北豊島三十三ヶ所観音霊場 5番6番札所

お護摩札・なで木

御護摩修行とは…
真言密教における秘法で、人々をより高い精神的境地へみちびき、即身成仏にいたる修行法として組織したところに特色があります。人間の煩悩を表わす薪に大導師が点火して、そこに生ずる智慧の浄火で、あらゆる煩悩を焼き清めるためにおこなわれます。そして、御信徒皆様の清浄なる祈りが善願となって火焔に託され、御本尊に届けられることによって、諸願が成就するという修行であります。すなわち岩淵不動明王様の智慧によって、煩悩(苦の源)を

焼き尽くし、円満な悟りを体現することを目的にしているのです。

 

護摩祈祷 毎月28日 午前11時~

 

お護摩札 1座 3,000円

不動堂では、新年のお護摩のほか、毎月28日に御護摩祈祷をおこなっています。
御護摩祈祷をおこなった方には御本尊の分身でもある御護摩札が授与されます。
この御護摩札は、大願成就が果たされるよう精進するための誓いの証としての意味をもっています。大切にお持帰りいただき、奉安礼拝して一心に御宝号「南無岩淵不動明王(なむいわぶちふどうみょうおう)」とお唱えください。

IMG_6938_2.png

なで木 1座 200円

撫で木札とは、岩淵不動明王様の御手でございます。

ねがいごと・氏名をお札に記入し、様々なお願い事の

祈りを込めて毎月28日お護摩修行の護摩木として火中に投じ、その願いを成就させる霊験あらたかな御札です。
特に、お身体に病を生じている場合には、撫で木でその患部をなでさする事により、御本尊様よりお加持を

賜わり、病魔を滅するご加護をいただきます。

※不動堂脇になで木の記入・納札場所がございます。

願い事はご自由にお書きください。型はありません。

例:身体健全、交通安全、闘病平癒、志望校に合格しますように、世界が平和でありますように など

IMG_6936_2.png

御護摩札申込み

調整中